03-3565-6469
info@saieient.com
INTERNATIONAL CREW
岩淵健一、プロデューサー・俳優・監督・脚本。東京出身。俳優として「Interwoven(インターウォヴン)」でモニーク(アカデミー賞受賞者「プレシャス」)と共演する。監督・脚本・主演を兼ねた「Tengu」で ロスアンジェルス・スリラー・フィルムフェスティバルで大賞を受賞。その後「Into Darkness-Short Film Collection」としてアマゾン・プライムにて全世界配信中。「紅破れ」(洋題:Crimson Pledge)(渡辺裕之主演)ではアメリカにいながら脚本を務める。Los Angeles で劇場公開。海外でホンダ、チートス、リトル・シーザーズ など、TV-CM の出演も多数。今後「Phase Q(フェイズQ)」(監督・脚本・主演)、「The Book of the Damn」(主演)などが控えている。
2009年にアメリカで映画製作会社「From The Earth Productions LLC」を設立。映画芸術の道を進みながら、自社のプロデューサー・俳優・監督・脚本などを担う台湾の人。媒体を問わず、CM、企業宣伝映像、MV、ショートムービー、長編映画などあらゆるジャンルの映像を制作している
私は自主制作映画のプロデューサーで「M.I.H PICTURES, LLC」というクリエイティブオフィスを運営しています。オリジナルのアイデアやコンセプトを生み出し、それらを長編の脚本にしていきます。夢も持っている人の心の世界を映像化していく。想像ができればそれを現実化することができる。あなたの夢はなんでしょうか?夢を一緒にプロデュースしていきましょう!
アメリカのカラリスト / エディター。熱意を持って映画制作とその無限な可能性に向かう。「キャスティングから配給までの一歩一歩は大事だ思う。私はベストな作品を作るため、制作チームと足並みを揃え、いつでも最善を尽くしていきます」
横川康次、日本籍プロデューサー・俳優・監督。2007年に映画製作会社(株) REIZ INTERNATIONALを設立。プロデューサーとして新進気鋭の監督達を起用し、コンスタントに劇場映画、ドラマ、DVD作品などを世に送り出している。国内にとどまらず゙アメリカ、カナダ、台湾、韓国でも作品をリリース。自身も「紅破れ(英題: Crimson Pledge )」の監督を務める。2018 年1月スタートのドラマ「號哭のカタストロフ」原案・製作総指揮を務める。「號哭のカタストロフ」続編の製作中。
若松直人(Naoto Wakamatsu)、日本のプロヂューサーである。高校卒業後、映画ドラマ制作の現場で下積みを始め、大作映画テレビドラマなどの制作、助監督、アシスタントプロデューサーを務める。現在はプロデューサーとディレクター業に専念し、テレビ番組、CM、MVなどを製作、演出している。主な実績としはCM「ディスカバリーチャンネル」、TV番組「アイドル魂!なだれ坂ロック」、WEBCM「江崎グリコ株式会社 Cheeza」などである。
CUIYING (CHINA) ENTERTAINMENTの創始者でプロデューサー兼監督である。中国で10年間で映画、宣伝ムービー、ネットドラマ、CFなど制作しており、今に至っている。主な作品は「こんにちは、参色!」「Tax Man」などである。彼の創作のインスピレーションは面白い生活から由来して、美に対する理解と追求にこたわっている。
アニメーター/映像編集者で活動している韓国人である。幼い頃から美術を学び、趣味として専門の映画学校に合格し、それから自分の夢を始めた。豊かな想像力、しっかりした美術の基礎で、アニメ業界では優秀的なオリジナルアニメを作り続けている。
copyright(c) 2019 saiei entertainment all rights reserved 311,Mie Bld.,2-1-8,Shimochiai,Shinjuku-ku,Tokyo,161-0033,Japan